網場漁港でショアジギング!初めてミノーで釣りあげました!

釣り

今回は、網場漁港でショアジギングをした時の様子を書いていきます。
網場漁港は先日投稿した牧島弁天港の向かい側にある漁港です。
こちらでは、サゴシやタチウオが上がっているとのことなのでサゴシを狙ってショアジギングをしてきました。

網場漁港の場所

長崎市街地から約15分、一番近い高速のIC(芒塚IC)から約5分の場所にあります。
車で5分以内にコンビニやスーパーなどもあり、飲食物は現地でも調達できそうです。
今回は堤防の下あたりにある、テトラポッドエリアで釣りをしてきました。

今の時期、朝と夜の暗い時間帯はタチウオ狙いの方が、昼はエギングやショアジギング、ファミリーフィッシングなどいろいろな釣りができる場所です。
いずれの時間帯も地元の方が多めの印象です。

暴風雨になりそう?短期決戦で勝負!

この日は、11時半頃が干潮だったので、上げ潮を狙うため14時頃から釣りを開始しました。
午前中は良い天気だったのですが、天気予報を見ると15時頃から風速6m/sという強い風に加えて、雨も降りだしそうな予報でした。


雨の中の釣りはまだ経験がないので、極力雨が降り出す前に納竿したい・・・

現地に到着するとナブラが!

14時半頃に網場漁港に到着すると、すでに風が強く吹いており、少し準備に手間取ってしまいました。その間、海を見ると小規模ですが水面がざわついており、魚がいることが確認できました。
仕掛けの準備が終わるころには、水面は落ち着いていましたが魚がいることがはっきり分かったため、風が強い中でもかなり高いモチベーションで釣りを開始することができました。

最初につけたルアーは、ダイソーの「パープルゼブラグロー 40g」。
最近、パッケージが変更されたのですが、それに加えてメタルジグのアイについているスプリットリングも以前のものと比べてかなり強くなったような気がしています。(詳細は後日、投稿したいと思います)
投げてみると、水深がかなり浅いようですぐに着底しました。(約70m先でも水深5mくらい)
トレブルフックをつけていたのですが、まったく根掛りするような感じがなかったので試しに着底した状態でさびいてみたところ全く引っ掛かりを感じなかったので、おそらく底は砂地になっているのかと思います。

ナブラを見たこともあって、なるべく表層を狙おうと着水してすぐに回収するというのを繰り返していましたが、なかなか魚の反応を感じることができませんでした。
しばらくすると、ちらほらとナブラやボイルが起こり始めたので魚がいることはいるのですが、なかなかあたりを取ることができませんでした。

ミノーに変えると数投でアタリが!

40gのメタルジグでは表層のレンジがキープできないと考えレンジをキープするために、
唯一持っているミノー「シマノ サイレントアサシン キョウリンイワシ」にルアーを変更してみました。

釣行後に撮影したためぼろぼろになっています(笑)

このルアーチェンジが良かったのか、数投するとすぐにアタリがありました。
まだまだ合わせが苦手なので、うまく乗せることはできませんでしたが、メタルジグの時よりは期待が持てました。
その後、5分ほど表層をただ巻きしていると、ゴンとなにかに当たったような感触がして、少しずつドラグが鳴り始めました。ばらさないように慌ててドラグを締め合わせを入れて巻き始めました。
うまく合わせられたのか、走ってはいるものの抜ける様子がなく30秒ほどでサゴシを釣りあげることができました!

メジャーを持っていないため正確なサイズはわかりませんが目測40㎝程度と個人的にはまあまあ良い大きさかなというサイズを釣り上げることができました。
釣ったサゴシの口の中を見てみると5~6㎝のきびなごが出てきたので、網場漁港で釣りをする際はルアーサイズの参考にしてみてください。
釣行後、道具を片付けながら海を見ていると、手前のほうからバッシャーーンと人が飛び込んだかと思うくらいの大きな音が聞こえてきました。あれは一体・・・

最後に・・・

網場漁港は民家の近くにあります。
そのため、地元の方の生活道路として使用している道路を通らないといけません。
地元の方の迷惑になるような駐車をしないようにしてください。
また、近くにコンビニなどがあることが原因なのか、かなりゴミが多い印象でした。
自分で出したごみは必ず持ち帰るようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました